「屍人荘の殺人」謎・ネタバレ

広告




 

調べたくなる言葉

 

◆ヴァン・ダインや都築道夫

 ヴァン・ダインは1888年アメリカ合衆国ヴァージニア州生まれの推理作家。
名探偵ファイロ・ヴァンスを主人公とする作品を残した。中でも、
「グリーン家殺人事件」「僧正殺人事件」が特に著名。

 

 都築道夫は1929年東京生まれの推理作家。
SFや時代小説など多彩な作品を残した。明智、葉村両氏に怒られてしまうがブログ主は
都築氏の作品を読んだことがないが、調べた限り面白そうだと思ったのは、
江戸時代、貧乏長屋の住人達が事件を解決していく捕物帳「なめくじ長屋」シリーズ。

 

◆国名シリーズはクイーン。館シリーズは綾辻行人。では花葬シリーズは?

 エラリー・クイーンは2人のアメリカ人、フレデリック・ダネイと
マンフレッド・ベニントン・リーによる推理小説家の共同筆名。
国名シリーズは代表作の一つで、第一作「ローマ帽子の謎」のように、
タイトルに国名が入ることが特徴。(日本がタイトルに入る「ニッポン樫鳥の謎」
という作品もあり、シリーズ最終作となっている)

 

 綾辻行人は、1960年京都生まれの小説家。館シリーズは彼の代表作の一つで、
中村青司という建築家が残した奇妙な館が舞台となっていることが特徴。
全9作。このブログでも全作について、記事を作成しているので、
よろしければご参照ください。
(参考 第1作 「十角館の殺人」の記事 )

 

 花葬シリーズの作者、連城三紀彦は1948年名古屋生まれの僧侶、小説家。
1977年「変調二人羽織」が第3回幻影城新人賞を受賞。その後、
1984年には「恋文」で直木賞を受賞している。初期の作品には純粋なミステリー
が多かったが、徐々に大衆小説的な色合いの濃い作品へシフトしていった。
花葬シリーズは推理小説分野での傑作で短編の連作9編からなる。
「戻り川心中」でそのうち5編が、「夕萩心中」では3編が収録されている。
(あと一編は、どこで読めるんでしょう?笑 全集とか?)

 

◆POVスタイル

 Point Of Viewの略で、映画などの映像作品においてはカメラマンの一人称視点で
撮影される方式を指す。
 「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」は、1999年アメリカで制作された映画で、
6万ドルという低予算で製作されたが、全世界で2億4000万ドル以上の
興行収入を記録した大ヒット作。ブレアという町の魔女伝説を題材とした
ドキュメンタリー映画を撮影中に消息を絶った三人の学生が残したビデオを
編集し映画化したという設定の作品。

 

「パラノーマル・アクティビティ」は、2007年にアメリカで制作された映画。
パラノーマル・アクティビティとは、「超常現象」という意味。
同棲中のカップルが自宅で発生する怪奇現象の正体を暴くために購入、設置した
ハンディカメラの映像を中心としたドキュメンタリー風作品。
ブレア・ウィッチ・プロジェクトと同様、低予算(1万5,000ドル)で制作された
にも関わらず大ヒット(全世界興行収入1億9,000万ドル以上)を記録。

広告




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です